読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時計からラーメン二郎まで

自分の好きなこと 思想を書きます。

all or nothing

all or nothing 意味は全てかゼロかみたいな意味だと思う。 この言葉 何故か耳に残っていてどこで聞いたんだろうなと思い出していたら たしかはじめの一歩で聞いたんだ。 鷹村とブライアンホークの試合で ブライアンホークが追い込まれた時 トレーナーのミゲルが言った言葉だった。 all or nothing それがリングの掟だ。

勝てば全てを手に入れることが出来るが 負ければ全てを失うのか。 これは2位と最下位は同じだという考えなんだろうな。 確かに勝負の世界 競争では勝つことが全てなんだろうな。

ただ全員が1位になれない以上負けている人間 はどうすれば良いのかな。 本当に世の中負けている人は多いと思うんだ。 まず就職出来ないと完全に詰みだ。 才能も能力もある奴はそんな事考えなくても良いさ。 自分が出来ることやれる事を分かっているはずだからな。 問題は凡人もしくは凡人以下の能力の場合だ。 就職出来れば簡単にはクビにはならないだろうし、職歴も付くし経験も積めるから大丈夫だ。

しかし日本は新卒一括採用って事は新卒で就職出来ないと凡人は必ず終わりだ。 就職出来ないと終わりだと言うと 起業すれば良いだの 他にも道はあるとか言う奴は多いけれど 僕はそれは一般的ではないと思う。 極一部の成功者の例だけを上げて自分が成功出来る訳がないじゃないか。だからほとんどの人は普通に就職するんだろ。

日本の就職制度は良いのか悪いのかは分からないけど企業も学生も嘘ばっかりだよな。 面接の期間は決まっているのに優秀な学生を確保する為にはフライングして面接をしてしまうんだ。 大人たちは 社会は嘘が多いんだなんて言うけれど本当にそれでいいのか? 僕が言ったところで変わらないし 企業も悪い訳ではないとは思う。

今の僕の悩みは就職制度がどうこうではなくて自分が果たして就職出来るのかそして社会でやっていけるかというところなんだよな。
all or nothing 正に 勝ち抜けば普通の人生を送ることが出来るが負ければ敗者 負け組という事になる。