時計からラーメン二郎まで

自分の好きなこと 思想を書きます。

最近のYouTuber

僕はYouTubeをよく見る。 YouTube大好きだ。 そこで最近YouTubeを見ていて思った事なんだが、最近は実験系 鉄球を熱する系が流行っているみたいだ。 うん これはよく分かる。実験系は何故か見てしまうし、 この手の人たちは 編集も上手い。 しかしそれって海外で誰かがやってた奴を引っ張ってきただけだよな。 鉄球系は最初こそ面白かったが見てればわかるが動画の内容としてはただ騒いでいるだけ。 こんな動画 ただ再生回数が多いだけで 面白くもなんともない。 これはもしかしたらそれで儲けている奴らに対する嫉妬かもしれないが こんな動画が長く続いて欲しくはない。 やっている人たちは 金が稼げるからやっているだけ。

動画の内容をパクる事自体 悪いわけではない。 問題はそこに面白さがあるか自分の内容なのかという事だ。 その点シバターはYouTuberの中では僕はかなり面白いと思っている。

後は最近よく見るようになったのはガチャガチャを回しまくるとかクジを全部買い尽くすとかいうやつか。 本当になんでこんな動画が伸びるのか。 実際見てしまう動画というのは分かる。嫌いな理由も金持ちに対する嫉妬もあるのかも。

妹とか家族をネタに再生回数を伸ばしまくる動画もあるがあれ 儲けられるのは良いが 危険なんじゃないか。 もう羨ましいという感情もないくらいだが 世の中危険な人もいっぱいいる 妹なんか出して 危険な目に合うということは考えられないのかね。 いつ事件が起こってもおかしくないような気がする。 それと危険という意味なら子供を出しておもちゃなどで遊んでいる動画だよな。 あれこそ何故再生回数がそんなに良いのか どこが面白いのか理解に苦しむがまあ 見たいという人たちもいるのだろう。
問題はそんなどうでもいいことではなく、まだ子供なのにネットに顔を晒すことの危険性も自分では分からないような 子供をYouTubeに出させるなんて親は何を考えているんだ。
子供はそりゃあ親が喜んでいたら嬉しいに決まってる。 子供には自分でやりたいという意思はないと思う。 自分からやりたいと言っているかもしれないが それは親が喜んでいるからだろう。 大げさかもしれないが子供をYouTubeに出している人たちには危険性があると思っている。もちろんそんな事起こらないように願っているが 起こってしまってからでは遅い。 これこそ金には変えられない事なのに。 子供が出るYouTubeは無くならないと思うが 出来れば少なくなってほしい。

そんな中僕が好きなYouTuberがいる。 本当に自分がしたい事をしているんだなと分かるんだが 品川イッコーさんと言う人である。 僕がこの人の動画を見出したきっかけはラーメン二郎からなんだが なんといっても自分がしたい事をしているのに加えて 映像が洗練されてるんだよな。

もう1人は 狩猟系の動画を出しているjp sikahunterさんである。 この人の動画は究極の趣味動画だと思う。もう将来こんな事もしてみたいなという人である。 あとカメ五郎さんとかも良いな。