読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時計からラーメン二郎まで

自分の好きなこと 思想を書きます。

死にたくなること

死にたくなること結構ある。 結構というか朝起きたら大体死にたいと思ってる。 それでも時間が経って昼間とかになるとそんな気持ちはなくなるんだ。 死にたくなるという気持ちが時間が経てばなくなる事を僕は分かっているから死にたい事はあるけれど死のうとは思わない。 時間が解決してくれるんだから。

僕は世の中の人の大半は死にたいと思った事はあるんじゃないかと思う。 だけど死にたいなんて実際に言ったらめんどくせえ奴だなとか思われるだろう。 皆んなが皆んな絶対に言わない秘密主義なんだ。 だからネット上でくらい死にたいなんて言っても良いんじゃないか。

幸いなのか僕は実際に死のうと思った事は無い。 それは自分が本当にまだやりたい事があるのと自分が死んだら悲しむ人がいるんだろうなということもある。 色んな人との繋がりがある。 家族とか学校とかその繋がりは生きている限りあるんだ。 そう思うと人生なんてちょっとした事で出会う人とか色んなことがかわってしまうんだな。

自殺しちまった奴とかこれから死のうと思ってる奴は自分が死んでも誰も悲しまないと思ってるんだろうな。 もちろん色々な事情があって絶望的なのかもしれない。 だけどネット上でなら話し相手ぐらいにはなれるんじゃないかな。 このブログもまだ全然読んでいる人いないし増えるかなとかいうのもあるけど本当にもう死のうとか思っている奴は俺が話し相手ぐらいにはなれるよ。 人との繋がりっていう意味ではネットの向こうにいる人も確実に人なんだ。 誰だか分からない奴でも死んだら悲しむだろう。

だから誰も悲しまないなんてことはない。絶対に。
何でも続けてみなきゃ意味ないだろうなと思ってこのブログは続けてみようと思う。 死にたくなって仲間なんかいないと思ってる奴も誰も知らないネットの仲間だっているんだ。 もう少し生きてみよう。